ホーム > インプラント > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ(1回法)Flow

1)審査、診断 問診、視診、触診、レントゲン、診断模型

必要に応じてCT撮影、コンピューターシミレーション、血液検査、アレルギー検査
2)歯肉にインプラント埋入のための穴を開けます。使用するインプラントの直径にもよりますが約4~5ミリの円形の穴です。必要最小限の外科的浸襲です。
3)インプラントを顎の骨に埋め込みヒーリングアバットメント装着します。条件にあえばこのときに仮歯の装着が可能です。
4)治癒期間 上顎で4~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月の期間をおいて骨とインプラントが骨と結合するのを待ちます。
5)人工の歯をつくるための型取り。必要に応じて仮歯を装着します。
6)技工制作 技工所から人工の歯ができあがってくるのを待ちます。(必要に応じて形態、かみ合わせのチェックの為数回の来院が必要になる場合があります。)
7)人工歯を取り付けて完了です。

インプラント治療の流れ(2回法)Flow

1)審査、診断 問診、視診、触診、レントゲン、診断模型

必要に応じてCT撮影、コンピューターシミレーション、血液検査、アレルギー検査
2)歯肉を切開して骨を露出させます。
3)インプラントを顎の骨に埋め込み歯肉を閉じます。
4)治癒期間 上顎で2~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月の期間をおいて骨とインプラントが骨と結合するのを待ちます。
5)2次外科手術。歯肉に穴をあけインプラントを露出させます。
6)治癒期間 1週間程度待ち歯肉の治癒を待ちます。
7)人工の歯をつくるための型取り。必要に応じて仮歯を装着します。
8)技工制作 技工所から人工の歯ができあがってくるのを待ちます。(必要に応じて形態、かみ合わせのチェックの為数回の来院が必要になる場合があります。)
9)人工歯を取り付けて完了です。
初診受付サービス