ホーム > インプラント > 最新のインプラント

最新のインプラントLatest

吸収してしまった骨の再生や治療期間短縮を目標にしています。

 1.テンポラリー(暫間)インプラント

このインプラントは、インプラント手術したその日からものが食べられるように開発された、一時的なインプラントです。通常のインプラントは2~6ヵ月後に歯の頭をつけてはじめて物を食べることができるのですが、通常のインプラントと同時に、このインプラントを植立すれば、その日から物が食べられるわけです。

1)治療用のメインになるインプラントを埋め込みます。

2)埋め込んだインプラントの間のスペースをつかってテンポラリーインプラントを埋め込みます。テンポラリーインプラントは直径が細いため長期間の使用には耐えられませんが通常のインプラントが使えるまでの期間は十分に機能します。

3)通常のインプラントの治癒が完了したらテンポラリーインプラントを撤去し、本物のインプラントをつかうことができます。

当院で使用しているテンポラリーインプラントはノーベルバイオケア社製IPインプラント、またはデンタータス社製MTIインプラントです。

インプラント治癒期間を快適にすごしていただけるよう可能な限りテンポラリーインプラントを使用しております。

 2.抜歯即日インプラント

歯を抜いてその場で埋め込む方法です。抜歯・インプラント手術を1回ですませることができます。抜歯してからすぐにインプラントを入れることで、顎の骨の吸収を抑えることができます。抜歯後の治癒期間を待たないので治療期間の短縮が可能です。 当日にすぐに仮の歯をいれることが可能な場合もあります。

当医院では抜歯が必要なインプラント治療においてはすべて抜歯即時埋入インプラントを行っております。

 3.即時負荷インプラント

インプラント手術後すぐに仮歯を入れるインプラントの治療法です。インプラント手術後すぐに物をたべることができます。適応可能なケースはかぎられてきます。特にインプラント挿入時の強固な初期固定が重要となっています。即時負荷ができない場合には暫間インプラント使用ですぐに仮の歯をいれるこが可能なこともあります。

 4.リッジエエスパンション

骨幅がせまいところをくさび型の特殊な器具で広げてインプラントを埋入する方法です。

 5.ソケットリフト

インプラント体の挿入口から移植骨や人工骨を充填して、安全に上顎洞の底部分を押し上げる方法です。

 6.サイナスリフト

上顎洞の側壁から粘膜を持ち上げてインプラントをいれるスペースをつくる方法です。近年外科的浸襲が大きいためショートタイプのインプラントを複数埋入する方法が主流になってきています。

 7.GBR(骨再生誘導法)

歯を抜いてその場で埋め込む

 8.骨移植

歯を抜いてその場で埋め込む

初診受付サービス