ホーム > 治療方法 > 無痛治療

無痛治療 静脈内鎮静法Non-pain treatment

無痛治療 静脈内鎮静法 とは?

痛みもなく、いつの間にか治療が終わったという感じがします。
インプラント治療を受けたい、でも、手術、麻酔と聞くだけで足が遠のいてしまう方、痛みや音、治療時間が気になってしまう方、高血圧症や狭心症などの全身状態が気がかり な方、お口の中を触られると吐き気がしてしまう 方、そんな方にお勧めしています。
精神的な緊張をやわらげることで血圧や心拍数を安定にさせるため、高血圧症や狭心症などの内科的なご病気をお持ちの方にも有用な方法です。



メリットは?

1.気分が落ち着く
2.痛みなど治療中のことをよく覚えていない
3.治療時間が短く感じられる
という利点があります。

さらに精神的な緊張が和らぐことで、
4.血圧や心拍数も安定します。
5.治療中の吐き気を抑えることも可能です。



静脈内鎮静法の前後

●治療前には、術前検査として血圧、脈拍、心電図、酸素飽和度などのモニターをつけさせていただき、全身状態をチェックいたします。
その後点滴を行います。注射の痛みをやわらげる方法もありますので、必要な方はご相談ください。
●モニターは、安全のため治療後まで継続してつけさせていただきます。
●治療後は特別な処置はありません。ふらつきが少し残り自動車の運転は出来ませんが、通常、普段の生活に戻れます。



麻酔専門医

1984年: 東京歯科大学卒業
1990年: 東京大学医学部附属病院分院医員(麻酔部、1990年 12月まで)
1990年: 日本歯科麻酔学会 認定医取(第435号)
1991年: 東京歯科大学講師(歯科麻酔学講座)
1994年: Departmennt of Anesthesiology,Harbor-UCLA Medical Center,Research fellow ~1995年
1996年: 日本歯科麻酔学会 指導医取得(第94号)
1998年: 東京歯科大学非常勤講師



静脈内鎮静法に関するよくあるご質問

ご質問:全身麻酔や笑気吸入鎮静法との違いを教えてください。
ご返答:下記のような違いがあります。
【静脈内鎮静法の場合】
眠くはなるが、意識はなくならない
自分自身で普段と同様に呼吸ができる
呼びかけや刺激に対して反応できる
入院する必要がなく、手術当日に短時間で帰宅できる
外来での無痛治療に最適
効果が確実で、速い
夢見心地でほとんど痛みを感じない
会話や口呼吸による影響がない
緊急時に静脈からすぐに薬剤を使用できる
【笑気吸入鎮静法の場合】
鎮静効果が弱いため痛みを感じる場合がある
会話や口呼吸により影響される
【全身麻酔の場合】
意識がなくなる
人工呼吸が必要
呼びかけや刺激に対して、反応できない
多くの場合入院が必要で、当日帰宅する場合にも時間がかかる

ご質問:鎮静法に適している場合とは?
ご返答:こんな方に適しています。
痛みがなく、楽な気分で治療が受けたい方
治療中に気分が悪くなったり、脳貧血発作や過換気症候群といわれたことのある方
高血圧症や心疾患など内科疾患があり、全身管理を要する方
インプラント手術や治療する歯が多数歯など比較的長時間の治療を要する方
嘔吐反射を気にしないで治療をお望みの方
局所麻酔がよく効いて欲しいとお悩みの方

ご質問:鎮静法は安全ですか?
ご返答:意識や反射が残っているので安全です。

ご質問:治療前後は、どのような処置が行われますか?また終了後すぐ帰宅でますか?
ご返答:治療前には、術前検査として血圧、脈拍、心電図、酸素飽和度などのモニターをつけさせていただき、全身状態をチェックいたします。
その後点滴を行います。注射の痛みをやわらげる方法もありますので、必要な方はご相談ください。
モニターは安全のために治療後まで継続してつけさせていただきます。
治療後は特別な処置はありません。通常、普通の生活に戻れます。



初診受付サービス