ホーム > 治療方法 > 審美歯科

審美歯科とはAesthetic

審美歯科は、従来の虫歯や歯周病といった、歯や歯肉の病気を治すことが目的ではなく、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。 そして、審美歯科は美しい歯や歯肉を作るばかりではなく、美しい笑顔を作り、精神的にも大きな恩恵をもたらします。

審美歯科は、単に見せかけの美しさを求めるものではいけません。歯科医学をベースとし、健康美を目標にし、総合的な知識と技術を結集し、パーフェクトスマイルの実現を目指しています。

嶋野歯科医院では、以下の治療法を主に採用しております。

1.メタルボンドクラウンMetal

金属で作った冠に陶器を焼き付けて作ります。
最もポピュラーな歯の治療法です。
尚、内面の金属の色はセラミックで覆うので見えなくなります。
歯と歯茎の境目の金属色をまったく隠したマージンポーセレン仕様も製作可能です。

 長所
1)周囲の自分の歯の色に合わせて作ることができる。色調再現性は高い。
2)精度が高く適合性がいいものが作れる。
3)強さと恒久的な色と光沢を保つことができる。
4)プラークや汚れがつきにくい。
5)強度があり、単独でもブリッジでも使用できる。

2.オールセラミッククラウンMetal

金属を使用せず、セラミックス(陶材)だけでできています。

 長所
1)金属を使用しない為、金属アレルギーの心配がありません。
2)歯と歯茎の境目が黒ずんで見えることがありません。
3)光の屈折率が天然歯に極めて近く、自然感にあふれ、色調再現性に優れています。

3.ハイブリッドセラミッククラウンHigh-Brid

レジン(プラスチック)に、セラミックスを配合した素材で製作された歯をです。
この素材は、セラミックに比べ軟らかくので天然歯に近い硬度なので対合歯との当たりがソフトであ り、破損した時でも修復が容易に行なえます。奥歯ではかみ合わさる上下ともにセラミックを使用 するとカチカチおとがしたりセラミック冠が欠けたりすることがあるのでハイブリッドセラミック とセラミック冠を組み合わせて治療することで音の問題や破損を回避できます。

 長所
1)歯と同じ硬さで自然な噛みごごちが得られる。
2)ねばりがあり割れにくい 。
3)無理な力から歯を守る働きがある 。
4)色が自分の歯に合わせられるので自然で目立たない。

4.ポーセレンラミネートベニアPoceren

歯の表面を薄く、わずか0.5~0.7mm均一に削り、次に削られた歯のかたちの型をとり、精密にその型に合わせて半透明の薄いポーセレン(ポーセレン・シェル)を作ります。

このポーセレン・シェルを表面を削った歯に接着し、歯の形態や色調を回復します。

初診受付サービス